Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

海外に行くだけでは英語は上達しない!その理由と原因は?日本でできることは?

英語を上達させるには海外へ行くことが一番!そんな意見もありますが、逆に言えば海外に行くだけで英語が上達するわけではないのが実情。でも海外に行っても英語を上達させられない理由と原因は何なのでしょう?そしてその原因を知ることから、どこにいても英語を上達させられる方法を検証してみました。

海外に行けば英語は上達する?

「英語の上達には海外へ行くことが一番だ!」という意見を聞いたことはありませんか。そして、そう信じている方も多いようです。

でも海外へ行く(留学する)=英語が上達する

と一概にはいうことはできません。

(ここでは、海外に行く=旅行ではなく長期の留学やワーキングホリデーの意味でお伝えします。)

私も海外に滞在中に実際に、いろいろな例を見て来ました。

もちろん、海外へ行ってグンと英語力をつけて日本に帰る人、そのまま海外に居座ることができるくらいの英語力を高められる人もいます。

その両者の違いを知ることが、どこにいても英語力を高める方法、そして海外へ行った際には貴重な機会を存分に利用して英語力をしっかりと上達させるための秘密になりそうです。

海外へ行っても英語が上達しない原因と理由

基礎力が足りていない(海外へ行くタイミングが悪い)

英語の基礎がしっかりと身についていない段階では、海外の生活に入ったからと行って英語の力を上達させることは難しいでしょう。

人と話すためにも文法を理解していなければ、海外生活の中で英語の自然なリズムや語彙が身についたとしても、いつまでたっても”間違った”英語を使うことになります。

子供は母国語を習得する際、間違えを繰り返しながら自然習得をして行くものですが、第二言語として学ぶ外国語では基礎の力が大事です。

中学校で習う英語の基礎がしっかりと身についていれば、あとは努力と環境次第で英語力はぐんぐん上がって行くはずです。

海外へ行くタイミングとしては、文法においても、語彙力においても、しっかりと基礎の部分を身につけてからが良いでしょう。

目安として数字で表すとすれば、海外へ行く前に少なくとも英検2級、TOEIC700点以上は欲しいところですね。

 

英語にどっぷり浸かっていない

せっかく海外まできて外国で生の英語を習得するチャンスなのに、海外生活の中にも”日本”の要素に触れてしまっていては、もったいないですよね。

海外でも上達できない一番の理由が、これではないでしょうか。

・現地の人と接する機会を積極的に持つ。

・海外からの留学生と友達になり英語で会話をする。

・読み物も英語、聞こえてくる音声も英語に。(日本語をシャットダウン!)

現地では日本人同士で行動することをなるべく控え、どんどん現地の人や同じく英語を学ぶという目的で他の国から来ている人たちとどんどん接していくことが、大きく英語の成長に違いを生みます。

せっかく生の英語に触れるために海外に行き、そのチャンスを得ることができたのですから、積極的にいろんな人と会話をしてみるのが良いでしょう。

海外に滞在中は現地の友人、世界各国からの友人を作る貴重なチャンスでもありますね!

日本にいても英語習得のためにできることはたくさんある

そう考えて行くと、海外へ行くと決めた人にとっても、今の所海外へ行く予定はないという人にとっても、日本にいてもできることはたくさんあります。

1.基礎力を高める

英語の習得を目指すなら、やはり基礎の部分にしっかりと力を入れることが重要です。

英語は、日本語とは全く違う言語ですから、冠詞(a, an, the)の付け方から、単数形、複数形の違いなど、英語ならではの文法がたくさんあります。

複雑そうだけど、英語の文法は学んでしまえば案外簡単、ただ面倒なところが英語学習の基礎固めのネックになってしまう人が多いようです。

文法の学習の面倒くささだけは、なんとか気力で乗り切って基礎力をつけてくださいね。

2.コミュニケーション能力もつけられる

「日本に住んでいると英語に触れる機会がなかなか持てない。」そんなお悩みを抱えている方も多いかと思います。

生の英語にこだわるなら、それはやはり頻繁にある機会ではないですね。

でも、今は昔と違ってインターネットの発達によって、海外からの情報がリアルタイムでも入ってくる時代になりました。

YouTubeなど無料で利用できるサイトでも、海外のニュースも音楽もユーチューバーの動画配信も楽しむことができます。

日本語のドラマを見るのか、海外ドラマを見るのか。

日本の小説を読むのか、洋書にチャレンジするのか。

その時々において、何を選ぶかはあなたのチョイスになります。いつも楽な日本語の方に流れてしまわないように意識しておくと良いですね。

ただ、特に最初の頃は日本語ゼロの生活がストレスになってしまいそうなら、ストレスにならない程度から英語漬け生活を進めて行くのがオススメです。

また、海外に行くことができない場合でも、”英語”生活にこだわって、日本にいながらも英語漬けに近い生活を送ることができる世の中です。

英字新聞、洋書、オーディオブック、洋画、洋楽、海外ドラマなどなど、探せばそこら中に英語生活のもとになるものが見つけられます。

英語を話す力をつける

「英会話ができるようになりたい」「とにかく話せるようになりたい。」そんな方にとって、会話力を伸ばすための機会を持ちたいですよね。

海外の人と出会うチャンスは、日本の中にいても実はいろんな場所にあるんですよ。

日本には近年、220万ほどの中長期の海外からの滞在者の方が住んでいます。英語圏以外からの滞在者も含まれますが、共通語として海外の方とのコミュニケーションに使えます。

全国各地の観光地には外国からのお客様も多いので、観光ガイドのアルバイトやボランティアをするというのも、英語上達のための方法の一つです。

ボランティアで日本語を教える、Language Exchangeで日本語を教えて英語を教えてもらう、など海外の方と出会う機会を探して見るのはいかがでしょう。

海外の人が集まりそうなお祭りやイベントも各地で開催されていますので探して見てくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です