Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

中学英語の効率的な復習・勉強方法!大人も社会人もやり直せる!

中学英語の効率的な復習・勉強方法を紹介します。中学校の時に英語をちゃんと勉強しておけばよかった….と後悔されている大人の方も安心してください。社会人の方も今からでもちゃんと英語はやり直すことができますよ。

言語は耳から?

「英語は耳から入りましょう。」と言う専門家もいますね。

英語だけに限らず言語は耳から習得するものだ!と。

それは、言語の自然習得におけるプロセスが耳からだと言うのがその考えの原点となっているのですね。

耳から言語を自然に学ぶことができる”赤ちゃんの言語習得法”です。

 

さて、それが私たち大人にも適用できるかどうか….。

結論はと言うと、「Yes and No」「個人による」と言うのは答えとなります。

 

答えになってない!

と思われるかもしれませんが、個人差があって仕方ないのです。

全くのゼロから英語を始める方にとって、”耳から学びましょう。”と言ってしまうと、やり方次第では遠回りになってしまいます。

コミュニケーション力をつけたいだけの方であれば、耳から勉強法は悪くはないでしょう。

大人になってからの言語習得は、目的にもよりますが、赤ちゃんより優れた力をフルに活用していくことがおすすめです。

中学生の英語の授業を復習なんて時間がかかりすぎる!?

中1→20時間
中2→40時間
中3→100時間(単語+総復習含む)

どうでしょうか。
これが平均的な中学校の英語の授業の時間数です。

中三の授業時間の多さは受験前の受験勉強の時間が半分以上を占めています。

そう考えると…..100時間ほど。

学校の授業というのはクラスで受けるため効率性にかけますよね。

それをあなたがご自身のためだけに集中して勉強したとすれば、100時間の半分50時間もかからずに中学校の3年間の復習ができてしまうのではないでしょうか。

文法は重要?

文法を学ぶことは重要だと言えます。

できることなら飛ばしたい一番面倒な文法の勉強ですが、言語の基本は文法です。

だから、中学校英語の文法を復習するのです。

中学校英語は、基本から徐々に積み上げていく方法ですね。

ある程度話すことができるようになってからも、やはり文法は大切です。

単語語彙はどうやって増やす?

 

語彙の量を増やしたい!

誰もが一つでも多くの英語語彙を自分のものにしたいと思いますよね。

一番効率が悪い語彙の習得方法は、単語帳とのにらめっこ….。

暗記力に頼るだけの楽しくない勉強法ですよね。

単語は文章の中に出てくるものを自然に習得して行くのがオススメです。

できれば目に見て、耳で聞いて、目と耳両方からの情報が入ってくるのが効果的です。

オーディオブックを聞くと同時に洋書を読む。

字幕を見ながら映画やドラマを見る。

などあなたのお好みに合わせた方法で、文章丸ごとの中から出てくる語彙をどんどん拾って見てください。

楽しみながら自然と語彙力がアップして行くはずです。

楽しむことが一番大切!

楽しいと思える学習方法を見つけましょう。

文法は嫌だからやらない。とかそうゆうことではなく、文法を学ぶにも人により好きな勉強法は違いますね。

文字を見て、参考書を開いて、しっかり勉強派!

難しい説明は読むより聞きたい派!

などなど。

あなたが、文字を読んで理解しようとする勉強法にストレスを感じるのなら、違う方法を探すのが良いでしょう。

”楽しめる”

そして

”続けられる”

あなたらしい勉強法を探してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です